第6世代総括

-XY-
内定が出るまでプレイしないつもりだったが、直前に内定が出たので発売日に開始。メインはX。
ZもXY2も発売されなかった。

-フラダリ-
最初は名前がなかなか出てこなかったが、クソコラのせいで覚えた。
戦闘BGMは割と好き。

-メガシンカ-
バランスを取るのは難しかったようで、ガルーラが対戦で大暴れして、ガルモンという呼ばれ方までした始末。
おれの一番好きなポケモンであるゲンガーもメガシンカ。

-模擬戦-
これを応用すれば、準備が大変だがジムリーダーなどのゲーム中のキャラと疑似的に戦うこともできなくはない。
というより、おれは模擬戦のためにバトルビデオを使っている。
ネタとして、指パ(相手側がゆびをふるだけ)も仕込んである。指パ対決もしようと思えば当然できる。

-オメガルビー・アルファサファイア-
リメイク前の初回プレイがルビーだったので、今回はおれの誕生石がサファイアなのもあってアルファサファイアをメインにした。
このORASの発売を記念して、らき☆すたのみさおとあやのにそれぞれマツブサとアオギリの服を着せた。
おれはルビー・サファイアが割と好きなので楽しめたが、これまでに比べ、開発側の悪趣味(シーキンセツなど)が目立ちすぎていたのが残念だった。

-ヌキデン(貫田将文)-
ORASのシナリオライター。改悪点や悪趣味要素は大体こいつのせい。
サンムーンにもかかわっているという噂を聞いたが、本当ならRSEのキャラクターを、設定を改悪してゲストとして出しそう。

-マグマ・アクア-
ホムラがデブに、ウシオが某スープ疑惑浮上、そしてリーダーはマツブサがメガネ装備、アオギリがウェットスーツ着用というイメチェン。
反省し、正しい道を歩むという改変は個人的には「あり」だと思った。
ほこらイベント終了後「こんな私にやり直す資格など…」というマツブサにホムラが
「逃げずにやり直すこと、それが大人として責任を取るということでしょう」というセリフと、
デルタ終了後のアオギリの「オレは許さねえ、オレ自身をだ!」というセリフは、
その後のおれにいい影響を与えた。

-フーパつよーい!-
ディアンシー、フーパ、ボルケニオンが今回の幻。その中でもフーパが一番お気に入り。
Twitterにおけるフーパのなりきりに対して「先生」と呼ぶほど。
これまでDVD(なかった時代はVHS)を買ったことがなかったのに、今回は買ったほど。

-ロフタスとの しょうぶに かった!-
ついに対戦が実現した。2回勝負してどちらもおれの勝利。
おれ側だけ使ったポケモンを述べると、
1:ガブリアス、ゲンガー、ハピナス、サンダー、マリルリ、メガルカリオ
2:ユクシー、ハピナス、エアームド、マリルリ、ガブリアス、メガゲンガー
1戦目、ロフタスさんは食べ残し重複していたけどまあいいや、もう1年以上前の話だし。
ちなみに1戦目のバトルビデオは、後に朧さんとリアルで会ったときに見せた。朧さんによると一番活躍していたのはハピナスだったようだ。おれもそう思う。

-レポートこわれる-
とうとう起きてしまった。プロフィールにも書いてあるが、1年ほど前にアルファサファイアのデータが消えてしまった。
これでやる気がガタ落ち。一応デルタまで終わらせて、ある程度対戦用ポケモンも育てたけど、当初ほどはプレイしなくなった。
一応、第6世代最後の配信であろうポケセン占拠計画は受け取った。

[PR]
by jonathan92joseph | 2016-11-17 09:27 | Comments(0)

ロギが日常のこと、趣味のことなどを書き殴るブログです。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31